セフレとの体の付き合いから恋人の付き合いへと…

セフレとして付き合い続けると、少なからず相手に特別な感情を持つことがあります。

それまでは、完全に体だけの付き合いだったのが、いろんな感情を持つようになってから、体以上の関係を持ちたいと思ったりするのです。

恋人へと発展する最初はセックスをする時にしかお互いに会わず、それ以外では連絡も取り合っていなかったのが、付き合い続けるうちに、一緒にご飯を食べるようになったり、連絡も頻繁に取るようになったり、一緒に遊びに行ったりするようになったりすることもあるのです。

そしてそのような関係が長く続き、もはや完全にセフレの関係を脱却して、恋人としての付き合いをスタートするケースも少なくはないのです。

やっぱり、いくら体が目的とは言えども、人間ですから感情を持つことは当然のことなのです。

その感情を抑えきることができずに、相手に吐き出してしまうこともあるわけです。

そして、相手も同じような感情を持っており、双方の想いが合致したことによって、セフレという関係から卒業することになるのです。

実際、セフレ募集のプロたちもセフレからスタートして結婚にまで至ってしまうケースもあるわけですから、何ら不思議なことではないのです。

相手が同じ感情を持っているかどうかがカギとなる

もちろん、自分は特別な感情を持っていても、相手が同じ感情を持っているとは限りません。

その逆パターンもあるわけで、あくまでも双方が特別な感情を持っていることが前提となるのです。

セフレとの相性自分は恋人として付き合いたい、でも相手は今の関係を続けたい。

そのような状況であれば、相手の考えを尊重して、自分の考えを押し付けないようにしましょう。

逆に自分は今の関係を続けたいのであれば、相手から恋人として付き合いたいと告白されても、無理に応じる必要はありません。

あくまで原則は体の付き合いですから、本来であれば体だけの付き合いをすることが正解なのですから。

したがって、セフレから恋人関係になるケースは、決して多いわけではないのですが、十分にあり得るということは事実なのです。